情報比較

fig
評価点:98点

資料請求:口座開設

【評価ポイント】
個別銘柄分析関連(独自レポートやモーニングスター銘柄企業評価、クォンツ・リサーチによる分析結果表示など)が充実。サーチナの中国ニュースは必見!中国関連情報が気になる方はSBI証券が良さそうです。

fig
評価点:92点

資料請求:口座開設

【評価ポイント】
最も多くのニュースを読めるのは楽天証券。さらに日経テレコンを無料で利用できるのはビジネスマンには非常に助かるツールとなるでしょう。独自のアナリストレポートなども多数あり。マーケットアローというニュースメール配信サービスも投資家に評価が高かったです。

fig
評価点:85点

資料請求:口座開設

【評価ポイント】
ニュース情報もさることながら、自社アナリストによるメルマガ配信、さらに松本社長のコメントなどが人気。マネックスファンが離れない理由のひとつとして、この情報コンテンツがありそうです。


4 fig
評価点:80点
【評価ポイント】臼田氏、山田氏、河合氏とメディアでもよく見かける自社アナリストの3名による情報を閲覧できる贅沢さ。またみんかぶグループでお届けする株経ニュースが見れるのはカブドットコム証券だけ。他にも三菱UFJグループならではのレポートなども参考になりそうです。
5 fig評価点:73点 【評価ポイント】個別企業の財務分析に「iShares」が提供。財務状況などをグラフなどでビジュアルに表現してくれるためわかりやすい。優待情報には換算金額表示があるため優待利回りを計算する方には便利
6 fig評価点:70点 【評価ポイント】情報はQUICK リサーチネットで見る。という明確な取引サイトとの切り分けに潔さを感じます。またこのサイトを無料で利用できるメリットもあります。(他の証券会社の場合、月額525円の費用が発生します。)
7 fig評価点:66点 【評価ポイント】ニュースの配信元は少ないものの岡三アナリストによるレーティングやマーケットレポートなど独自コンテンツでカバー。他社には無いお宝情報が眠っているかも!?
8 fig評価点:64点 【評価ポイント】情報は株式新聞(モーニングスター)と日経QUICKニュースのみと言う潔さ。他社ではめっきり数が減ってしまったリアルセミナーを月1回開催中!!